海外ではFXと仮想通貨のどちらが人気なのか

海外での人気

海外におけるFXと仮想通貨取引

我々は日本で生活し、常に自国の通貨システムや資産運用取引についてのみ触れていますが、海外でも仮想通貨取引やFXは盛んにおこなわれています。
古くからありなじみの深いFXのみならず、インターネットを活用した仮想通貨取引も近年爆発的に行われるようになりました。

さて、海外における仮想通貨取引の現状ですが、国によっては日本よりはるかに盛り上がっているところもあるようです。
最近の事例でいうと韓国では、仮想通貨取引市場の過熱による自国通貨の均衡崩壊を危惧し、仮想通貨の取引が近々禁止されるという報道が韓国国内外を賑わせました。

このように日本国外には、その取引に対する規制やそもそもその取引自体を禁止を施すほどに仮想通貨業界が盛り上がり、自国の通貨を脅かしている国すらあるのです。

海外の仮想通貨の人気

先に述べたように、日本だけでなく海外でも仮想通貨は若者を中心に盛り上がっています。
FXと比較したときの仮想通貨の人気についてですが、これは年代により分かれるようです。
つまり、古くからFXに親しんできた世代はFXを、いち早く情報を仕入れ、かつ新しく通貨取引に参入する年代である学生などは仮想通貨を好む傾向にあるということです。

以上のことは日本でもいえることですが、海外ではこのほかに仮想通貨を好む人もいます。
それは、自国の通貨に不安を抱えている人です。
この世界には、国家自体の存続が怪しく、いつ財政破綻するかもわからない国というものが存在します。
そういった国に住む人にとって仮想通貨は、暗号化によって守られた、自国の通貨よりも信頼のおける通貨なのです。
そういった視点で言えば、FXよりも仮想通貨のほうが人気といってよいのかもしれません。