海外ではFXと仮想通貨のどちらが人気なのか

FXの人気ポイント

FXの人気ポイント

FXは、ご存知の通り外貨両替を繰り返すことで儲けを得る方法です。
古くから愛されているFXは、何が人気を集め成長したのでしょうか。

大きな理由として、少ない手持ちで取引できることがあげられるでしょう。
FXは、資金に倍率をかけて取引をすることが出来ます。
例えば手持ちが100円しかなくても、10000円分の取引ができる、といった具合です。
これは、手持ちや買い、売りの金額をすべて等倍する方法なので、儲けも損失も等倍されます。
いわばハイリスクハイリターンの取引です。

このシステムは、手持ちが少ない人や大きな取引をしたい人の人気を集めています。
また、はじめの慣れないうちは1倍の少額取引を行い、慣れてきた頃にその倍率を上げる、といったように、柔軟な利用が可能であることも、長く人気を得る理由となっています。

仮想通貨取引とFXの違い

仮想通貨の取引も、FXによる外貨の取引も、結局は通貨の取引により利益を得ていることには違いありません。
その違いはどこにあり、仮想通貨取引がこんなにも成長を遂げているのでしょうか。

まず大きな違いとしては、自ら生み出せるかどうか、というものがあげられます。
先にも述べた通り、ビットコインは「採掘」と呼ばれる有志の計算作業の報酬として手に入れることが出来ます。
対して、当たり前ですが外貨取引の現場でそのようなことは起こりえません。

もう一点、取引の種類にも違いがあります。
FXの場合、日本円と米ドルの取引のみではなく、ユーロや元など様々な組み合わせがあります。
この点はFXが人気を保持している理由でもあるでしょう。
組み合わせの種類が多いということはそれだけ利益を得る機会が多いということ。
それは、通貨がBTCしかないビットコイン取引に対して大きなアドバンテージとなるでしょう。