海外ではFXと仮想通貨のどちらが人気なのか

仮想通貨とは

取引可能時間について

仮想通貨が人気である理由の一つとして、その取引可能時間にあるでしょう。
FXや株などと違い、仮想通貨の取引は24時間可能です。
FXなどの場合、時差がある地域の通貨がかかわりますから、取引が出来ない深夜の間に価格の変動が起きる場合があります。
そのため、ベストな売りや買いのタイミングを逃したりすることがあるのです。
しかし仮想通貨は違います。
インターネット上で取引ができる仮想通貨には、取引可能時間というものがありません。
自分の好きなタイミングで買い、好きなタイミングで売り、暇なときに集中して取引をする。
そのようなことも可能です。
ですから、自身のライフスタイルに合わせて、または海外の情勢に合わせて取引できることから人気となっています。

「採掘」という仕組み

先にも述べた通り、技術さえあれば自ら生み出せるということも人気を集めるポイントになっているようです。
管理する側がその取引を記録台帳に記録するため、他のPCを用いて膨大な計算を行う。
その対価として仮想通貨を得ることを「採掘」といいます。

このシステムのおかげで、リスクを負った売買によって手元のお金を増やすということをしなくても稼ぐことが出来ます。
もちろんそう簡単な技術ではありませんが、裏を返せば暗号化の知識がある人や、それに通じている人にとっては良い話。
つまり、自分の努力次第でお金を稼ぐことも、それを売買で増やすことも出来るのです。
この点が、仮想通貨が主に技術者に人気になっている理由といえるでしょう。